ジェネリック医薬品(後発薬)と新薬(先発薬)の違いについてご説明します。

ED治療薬つうしん
  1. ホーム
  2. 先発薬とジェネリック薬

先発薬とジェネリック薬

ジェネリック医薬品 先発薬とジェネリック薬、なんとなく聞いたことはあるけど、詳しくはわからない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
まずはこの二つについて簡単に説明します。
先発薬は新薬とも呼ばれ、医薬品メーカーによって、独占的に製造・販売できる特許期間等があります。特許期間とは、著作権のようなもので、だいたい20年から25年です。
そして、その特許期間等が終了すると、有効成分等は国民共有の財産となります。
厚生労働大臣の承認を得ると、他の医薬品メーカーでも製造・販売することができるようになるのです。
先発薬の特許等の期間満了後に販売される医薬品、それがジェネリック医薬品です。
ジェネリックは先発薬のように、医薬品を開発する必要がないので、莫大な開発費用がかかりません。
また、先発薬の場合、発売された後もお薬の効き目、安全性を調査しなくてはいけません。
ところがジェネリックは、効き目や安全性は先発薬と同等であることが証明されているので、そういった費用をかける必要がありません。
そこで節約できた費用を、低コスト、低価格に還元することにより、ジェネリックは先発薬の7割以下、お薬によっては2割の価格で購入することができるのです。
ジェネリックというと信用できないという方もいらっしゃるかもしれませんが、効き目、成分、安全性、品質など、あらゆる面で先発薬と同様です。
また、ジェネリックは服用しやすいように、大きくて飲みにくい錠剤を小さくしたり、水なしでも飲める錠剤にしたり、コーティングなどにより苦味を少なくしたりして改良されているものも多くあります。
どの場合でも、お薬の効き目や安全性に影響しない範囲と定められています。
ジェネリックの有効成分は、先発薬の特許期間中に効き目や安全性が十分に確認されたものです。さらに医薬品の法律に基づき、厳しい規制や基準を守って、開発・製造されています。
さらに、厚生労働省の厳しい審査をクリアし、先発薬と同じ効き目・安全性、品質であることが確認・証明されてから初めて発売されます。
副作用についても、先発薬とジェネリックは違いはありません。
以上のように、効果、安全性、副作用などは先発薬とジェネリックはほとんど変わりません。
それで価格が違うだけでしたら、やはりジェネリックがお得と言えるのではないでしょうか。
ED治療薬を徹底比較