ED治療薬のバイアグラについて、有効成分や効果など詳細な情報を説明します。

ED治療薬つうしん
  1. ホーム
  2. バイアグラとは

バイアグラとは

バイアグラ 国内の調査では、加齢とともにED有病率が増加することが示されていて、40代男性の実に約6人に1人がEDの疑いがあるとされています。
EDの疑いが出てきてしまった場合、多くの人が真っ先に考えるのはやはりバイアグラでしょう。
全世界で初めて認可されたED治療薬がバイアグラです。
アメリカのファイザー社から1998年に発売され、その翌年に勃起不全の医療用治療薬として初めて日本で正式に認可されました。
もともとは狭心症の患者用薬剤を開発されていました。
当初は血管を弛緩させる効果が期待されていましたが残念ながら効果は得られませんでした。
ですが、それがなんと陰茎周辺の血管にだけ作用することが判明し、バイアグラの開発に至りました。
ED治療薬は他にも色々なお薬が発売されていますが、認知度や利用者数ではやはりナンバーワンです。
一番長く愛用されているED治療薬なので、その実績は本物です。
安心して服用したい人、ED治療薬初心者におすすめとも言えます。
何故勃起不全に効果があるのかと言うと、まずは簡単に勃起について説明します。
性的興奮を受けたり、ペニスに刺激を受けると、脳から「勃起しろ」と命令がいきます。
すると陰茎動脈の血流がよくなって、海綿体にも血液が流れ込む為、勃起します。
その時、陰茎の血管の内皮に一酸化窒素が増えます。一酸化窒素が増えると、cGMPと言う物質が分泌されますが、cGMPには血管を広げて、血流を良くする作用があります。
その為、cGMPが多いほど強い勃起が起きるのですが、cGMPは体内にあるPDE-5により分解されます。
そこでバイアグラの出番になり、有効成分のクエン酸シルデナフィルは、PDE-5の作用を妨害するので、結果として勃起が強くなって、勃起の継続時間を延ばすことが可能になります。
ですから、飲めば勃起するというわけではなく、勃起するのを手助けするお薬です。
25㎎と50㎎がありますが、通常量は50㎎を服用します。海外では100㎎まで服用していますが、日本のみ50㎎までです。
25㎎は健康状態に問題のある方、65歳以上の方に初期投与することが殆どです。
注意すべき点は、精液を作ったり性欲増進作用はありません。また、性感染症の予防効果もないので、予防には避妊具などを使用して下さい。

バイアグラのジェネリック医薬品